シェフ:ワタナベタカユキのご紹介

料理人であった父親の影響を受け、18歳で料理の世界に入る。素材の持ち味を最大限に引き出す料理のあり方に共感を持ちイタリア料理の道へ。数々の料理店でイタリア料理の基礎や考え方を学び、日本でのイタリア料理のあり方を模索。

2007年10月、Purana Barca シェフに就任。
目指す料理は「根強く心に残る料理」。イタリアに根付いた伝統を生かし、シンプルながら常に新しい感動を与えられる一皿に挑戦し続けている。

プラナバルカ・コンセプトページに戻る